ぺんぺん日和

オタク主婦の不妊治療日記&お小遣い稼ぎブログです。

「どろろ」原作ネタバレ感想

 

漫画の神様「手塚治虫」原作の「どろろ」。

以前から存在は知っていましたが、漫画の神様の作品はどれも名作だし、数が圧倒的すぎて読み切れてないんですよね~。

 

ブラックジャックリボンの騎士きりひと讃歌(途中まで)ふしぎなメルモちゃん、三つ目が通る、短編集(名前忘れた)ブッダ(途中まで)、は既読。旧作の実写映画版どろろは観たことがあります。

 

いつか機会があれば……と思っていたらアニメが始まって、それがすっごく面白かったんですよ。クオリティが高いので話題になってるみたいですね。

 

これこれ。どろろちゃんかわいい!

 

で、アニメの最終回をみてから、好きな作品が終わってしまった寂しさを埋めるために原作を読もうと思って、アニメが終わるまでまっていました。

 

しかし、うっかり見てしまったネタバレによると……。

 

※ここから原作、アニメ、冒険王版、旧アニメなどのネタバレをふくみます。

 

 原作は打ち切りエンドの消化不良で、どろろと別れて終わってしまう。

そんな情報を耳にしました。

 

えーやだー。百鬼丸どろろには幸せな夫婦になって欲しいのに~。

 

原作に手をだすのはやめて、アニメ版だけ楽しもうか……と迷ったのですが、やはり原作は面白いぞとの評判も聞きます。

 

見た感じ、新アニメ版はハッピーエンドになりそうな予感がするし、それならアニメ最終回より先にバッドエンドの原作を読んでしまおうと決意しました(`・ω・´)シャキーン

 

ハッピーエンド→バッドエンドだと気が滅入りますが、逆ならほっとしますからね。

 

で、原作をAmazonでぽちろうとしたら、なんかいっぱいでてきた(笑)

 

どろろ

どろろ

 

 ほとんど覚えてないけど、この実写版も面白かったですよ。

 これは別作者によるリメイクですね。

 

どろろ

どろろ

 

 わりと原作に忠実でハッピーエンド??で面白いと聞いた(未プレイなので本当かどうかは知らない)ゲーム版。

どろろ(1) (手塚治虫文庫全集)

どろろ(1) (手塚治虫文庫全集)

 

これは 愛蔵版かな??

なんか評判悪かった。

あと検索に引っかからなかったけど、他にも他人が描いたリメイクがいくつかあった気する。

 

いっぱいありすぎて、どれを買えばいいのかわからない……( ゚д゚)

 

レビューなどで調べたところ、これが1番原作っぽいと思って購入。

注意点としては、同じ内容のカラー版は評判悪かったことです。

他人(機械?)が変な色塗ったそうで、モノクロのノーマル版の方が良いとのこと。

どろろ 1

どろろ 1

 

 こちらを全4巻購入。

たった4巻しかでていないのに、後世まで語り継がれているのがすごいですよね~。

で、ネタバレ感想

 

新アニメ版とは別物と聞いていたのですが、半分くらいは原作に忠実だったことがわかりました。

新アニメ版はけっこう原作のエピソードをちゃんと使っていて、丁寧に掘り下げているようです。

 

ただ、百鬼丸は完全に原作とは別人。

 

新アニメ版の百鬼丸、大好きですけどね(笑)

原作の百鬼丸は子どもが好きで、人に優しい好青年だけど身体がからくりという感じ。

そしてどろろのことが大好き❤

 

とは言っても弟分みたいなあつかいなんですが、アニメとはちがい、先に百鬼丸の方がどろろを気に入ったみたいな感じがあります。

あと、パパ大好きなのはアニメと一緒かな。

 

 

どろろ クリアファイル

どろろ クリアファイル

 

 

手塚治虫ファンはご存じかと思いますが、この作者さんは時代考証や作品にそぐわないメタ発言などをわざと取り入れてコミカルな表現をし、シリアスを中和するという持ち味があります。

 

そのため、原作はかなりコメディタッチなんですが、それなのにシリアス成分の多いアニメよりとても残酷です。

 

ドラえもん作者の短編集とかもそうですが、戦争を経験した世代の人たちが描く漫画ってすごく生々しい残酷さがあるんですよね。

 

最近の漫画では、もっと残酷な表現やストーリーの作品ってたくさんあるのに、なぜかそっちは完全にフィクションだと割り切って見れる。

 

それなのに、どろろは妖怪がたくさんでてくる戦国ファンタジーでありながら、フィクションだとは割り切れないようなリアリティがある。

 

さすがに戦国時代を見てきたわけじゃないでしょうと思うんですけど、昔は生きるのが大変な時代だったんだな……と感じさせられます。

 

 

 

たとえば、原作版のどろろはバッタを平気で食べるんですよ。ウジ虫食べさせられたりもしたし。お風呂が大嫌いですっごく臭いと百鬼丸に言われたりしていますし、泥棒ばかりする悪ガキです。

 

新アニメ版では現代人でもなじみやすいように改変されていて、バッタもウジ虫も食べないし、泥棒も最初だけです。入浴したり、身体をふいてもらったなどの描写が何度もあるのは、「原作とちがってどろろは清潔な子ですよ」というアピールにみえる。

 

私も現代人なので、そっちの方が好きなんですけど、原作の方がリアリティはあるよなぁと思う。いわばホームレス小学生ですからね。

お風呂入ってなくて臭いだろうし、虫を食べたり泥棒したりしなきゃ、小さい子があの時代を1人で生きるなんて無理ですよ。

 

臭いのは、どろろがお風呂嫌いで川にも入らなかったせいだけど、風呂嫌いじゃなくても毎日入れはしなかっただろうし。

 

逆に、原作より新アニメの方がリアリティや説得力を感じる部分もありますが、なんか迫力がちがうんですよね。

 

他にもいろいろありますが、新アニメはお酒を甘いジュースでわって飲みやすくしたチューハイ。原作は原酒って感じですね。

 

娯楽作品だからもちろんフィクションらしい描写もあるんですが、この毒々しさは原作にしかだせないと思う。

 

 

 

あと、アニメで話題になったみおのエピソード。

アニメではとても丁寧に描かれていた百鬼丸の初恋が、原作では序盤にさらっと語られるのみだったのにおどろいた。

 

原作の方が毒っ気が強いんだけど、さらっと流し読みするだけでは気づかれないように(一応子ども向け雑誌に掲載していたから?)上手く残酷さをカモフラージュしている。

それをアニメ版ではだれにでもわかるように描いていたから、悲しさも怒りも倍増だった。

 

新アニメは上手く丁寧に原作をアレンジしているなあと思う。

アレンジではなくもっとふさわしい言葉が別にあったんだけど、忘れてしまった。もどかしい。

 

余談ですが、「虫を殺すのはかわいそう」「妖怪と人は共存できる」って考え方は現代人らしいと思います。

私もこの考え方は好きだし、アニメ絡新婦の話大好きなんだけど、原作はこれとは反対の考え方のようにみえた。

 

私の祖父もそうだったんだけど、昔の人は虫を殺すことにいちいち罪悪感なんかもってなかったような……。まあ、優しい人もいたかもしれないですけどね。

どろろ 4

どろろ 4

 

百鬼丸の実の父親は原作の方が人間味あってびっくりした。

兄弟で争うのを止めようとしたし、一応人の心があったらしい。

 

侍のひどさは原作の方がひどい。

戦国武将や侍って時代劇の良いイメージが強かったから、どろろを読んでかなりイメージダウンした(笑)

 

西洋の騎士なんかもひどいことをしていたと聞きますから、どこの軍隊も昔はひどいものだったのかもしれませんね。

 

あと、忘れちゃいけない最終回。

 

「当時は人気がでなくて連載を打ち切られた」という説と、

「作者さんが飽きてしまって無理やり終わらせた」という2つの説がありますが、真相はわかっていません。

 

打ち切りエンドと聞いて覚悟はしていたから、本当に物語の途中で終わってしまうのかとドキドキしながら読み進めましたが、一応お話の区切りはついていました。

 

俺たちの戦いはこれからだ!エンドで、やはりどろろともお別れしちゃうんですけど、ラストが「ご想像におまかせします」感が強くてモヤモヤする……。

 

地獄堂が燃えたということは、百鬼丸はすべての身体をとりもどしたのでしょう。

それはいいんだけど、50年後って遅すぎない!?

さらに、「それから百鬼丸がどこに行ったかはだれも知らない」って、どろろとの再会は!?

 

百鬼丸×どろろカップリング厨である私は気が気ではありません。

 

どろろ アクリルスタンド 百鬼丸

どろろ アクリルスタンド 百鬼丸

 

 

そこで、いろいろエンディング考察をしてみました。

 

その1

百鬼丸は50年かけて魔物をたおしたが、同時に死んでしまった。

どろろとの再会なし。

 

あの時代なら50歳くらいで死にそうですしね……。

やっと人間にもどれたのに死ぬなんて嫌すぎる。

 

その2

50年かけて魔物をたおし、それからどろろとの再会。

胸熱展開だけど、なんか釈然としない。

 

その3

5年後くらいに、どろろが美女に成長してから再会。

50年かけて2人で魔物をたおし、幸せに暮らしましたとさ。

 

これが最有力候補! つーかこの結末であって欲しい!!

過去作品の作風や性癖と登場頻度、タイトル名からして作者さんはどろろが大好きなのは間違いないと思うんですよ。

三つ目が通るの和登さんとか、ガッツがあってボーイッシュな女の子好きよね。いかにも女らしい子も好きみたいだけど。

 

そんなどろろが成長した、かわいい盛りの美女姿で百鬼丸と会わないわけがない。

母親そっくりの美女になりそうな感じがしますしね。

 

そして原作を読んでびっくりしたんですが、原作ではどろろと百鬼丸、何回も別れて、そのたびにすぐに再会するんですよ!

 

ゆーても3回くらいだけど!

どろろの出ない話なんて描いてもつまらん」という思いなのか、「ヒロインはこまめに登場させにゃいかん」という計算なのかは知りませんが、別れても速攻で再会しています(笑)

 

この流れなら、再会するでしょ! きっと!

なんなら1年たたずに再会しそうな勢いだけど、シリアスな感じで別れたので、再会するのは最短でもどろろが大人になってからでしょうね。

 

で、魔物についてですが。

親との決着をつけるからついてくるなと言った百鬼丸に対し、かまわず追いかけていっちゃうどろろですよ?

 

彼女が大人しく50年も待っているとは考えにくい。

いや、リーダーになるんで忙しいとは思いますが。

魔物退治をする百鬼丸にくっついて回るのは難しいかもしれませんが、たまに会うくらいはできるんじゃないかと。

 

どろろの性格上、区切りの良いところまで農民たちを面倒みたら百鬼丸の押しかけ女房になりそうな感じもしますし……。

(代わりのリーダーがあらわれてどろろ引退とかして欲しい)

 

テレパシーで呼びかければいつでも助けに来そうな百鬼丸だし。

どろろのピンチに助けに来て再会とかもあるかもしれない。

そうなったらいいな~。

 

どろろ アクリルスタンド どろろ

どろろ アクリルスタンド どろろ

 

 

その4

手塚治虫先生ってけっこう作品の書き直しが多いそうなんです。

だからもし、どろろの続編が書かれていたら、

 

「50年後に地獄堂が燃えた」→戦火で燃えただけだから、百鬼丸が身体をとりもどしたタイミングとは限らない。とにかくなかったことに。

「その後、百鬼丸の行方はだれも知らない」→なかったことにして数年後にあっさりどろろと再会。

 

てこともありえるかも??

 

 

とにかく、たくさん妄想がふくらむラストでした。

ひとまずは、アニメ版のラストに期待です。

 

アニメ版も原作と同じラストだったらショックと絶望で泣くかもしれない(笑)

 

 

書き忘れていたので追記。

なんかね、どろろの原作って1つだけじゃなくて、「冒険王」編っていうのが存在するらしいんですよ。

 

雑誌に掲載されていたけど、作者さんがまるっと書き直ししてお蔵入りになった没バージョンのどろろが。

 

そっちではどろろ人間じゃなかったりするそうですが、ラストは似たような終わり方だらしーです。

 

そっちもちょっと見てみたかったんですが、現在は入手不可能みたいで残念です。

 

ちなみに旧アニメはまだ入手可能のようですが、こちらはほぼ原作どおり。ラストがちょっと違いますが、どろろとのお別れはいっしょらしいです。

 

どろろ Complete BOX [DVD]

どろろ Complete BOX [DVD]

 

 新アニメではお別れしないか、再会してから終わって欲しい……マジで。