ぺんぺん日和

オタク主婦の不妊治療日記&お小遣い稼ぎブログです。

これからのこと

 

私「赤ちゃんダメだった」

夫「ええ、なんで!?(゚ロ゚)」

私「化学流産」

夫「化学流産ってなに!?」

 

そこからかーい!ちょっとは自分でも不妊治療について勉強しなさい!

と思いつつもいろいろ説明し、理解したあと慰めてくれました。

 

夫「残念だったね……美味しいものでも食べにいこうか(´・ω・`)

私「うん(;ω;)」

 

子宮外妊娠とか、心拍確認後の流産とかよりはまだ傷が浅い……と思いつつも、ちょっとノイローゼになりそうな出来事でした。

 

あんまり落ちこんでいたからか、病院の先生に不妊治療をお休みすることも提案されたのですが、それはお断りしました。

 

体外受精(顕微)は休みなしでおこなっていても移植までにとても時間がかかる治療法です。休みをはさんでいたら、あっという間に年月が経ち、年を重ねてしまいます。

 

最終手段は養子と決めているものの、まだ私はがんばりたいのです。婚活だって、上手くいきそうだったのがおじゃんになり、ショックで無気力になくなることは何度かありました。

 

それでもとりあえずダラダラ続けていたら夫と出会えて、さくっと結婚できたわけですし。幸い、夫のおかげで不妊治療はあまり苦痛ではないし。結果に一喜一憂するストレスはあるけど💦

 

とにかく休みませんとお返事すると、病院からは新たな治療法の提案がありました「子宮内細菌フローラ」の検査と治療、だそうです。

 

腸内には乳酸菌、善玉菌、悪玉菌などがいて腸内環境を整えていることは有名ですが、ここ最近、「じつは子宮もそうなんじゃないか? 子宮環境を整えれば、妊娠率が上がるんじゃないか?」という研究が始まったそうです。

 

しかしまだ始まったばかりのため、あまり良い成果はでておらず、治療しても治らないまま移植するケースが多いこと、検査と治療の間は移植ができず、最短で1~3カ月くらいかかること。

 

そしてなにより、子宮内フローラの治療には主にサプリメントと、場合によっては抗生物質を使うのですが、サプリメントは市販のものでもOKなので、この検査と治療を受けずに自分でサプリを飲んでもいいこと。

 

※これは先生から聞いた話をうろ覚えしたものなので、いろいろ間違っているかもしれません。正しい情報はネットや病院などでお調べください。

 

これらの話を聞いて、夫と話し合った結果、とりあえずいまの段階では検査と治療するメリットがあまりなく、デメリットが多い(時間とお金がかかる)ため、いまは受けないことにしました。

 

市販のサプリを飲んで移植を続け、それから考えることにしようと。そんなわけで、今日からサプリ飲みます。

 

乳酸菌&ラクトフェリンが入っているものが良いそうです。こんなの。お腹の調子を整えるやつといっしょですね(笑)

 

私基本的に下痢と便秘が多いし(最近なぜか便秘はなくなったけど)腸内環境は悪いと思う💦子宮内フローラもそうかも……?

 

なので、これはけっこう効くんじゃないかと思ってます。